終活コンシェルジュについて

自分らしく人生を全うするためのお手伝いをいたします

判断能力あり・不自由なし判断能力あり・体が不自由判断能力なし終末期死去死後
遺言作成     作成期間終了←→遺言執行開始
任意後見契約の締結   締結可能期間終了←→任意後見契約の発効後見終了←
財産管理委任契約の締結→財産管理委任契約の発効契約終了←
見守り契約の締結・発効       契約終了←
死後事務委任契約の締結   締結可能期間終了←→死後事務委任契約の発行
医療に関する意思表示書作成     作成期間終了←→意思表示書の発効効力終了←
医療における同意代行者指示書作成(※)     作成期間終了←→同意代行者指示書の発効効力終了←
身元保証(引受)契約   締結可能期間終了←←契約終了(一部履行義務あり)
※ 本人の明確な意思と任意後見契約が原則必要

終活コンシェルジュとは,一生涯のお付き合いを通して,依頼者であるあなたの抱える不安や不便を解消するためのライフプランニング=人生を豊かにするためのツールを提案し,人生という旅路の案内を行う者のことです。

こんな不安や悩みがありませんか?

  •  家族や親しい親族がいない,遠方に住んでいてなかなか頼みごとができない
  •  死後の後始末においても人に迷惑をかけたくない
  •  自分の希望通りの医療・ケアを受けたい
  • 有料老人ホームの入居,病院での手術・入院のため,身元引受人が必要になる
  •  余命宣告を受けたが,何をどうすればよいかわからない

不安や悩みを解決するツールには何がありますか?

見守り・身元引受契約

主に孤独死のリスクを防ぐためのものです。日常生活支援のサポートを含めることもできます。
入院や施設入所などが必要になった際に,身元引受人や緊急連絡先として対応します。死後事務委任契約や遺言執行者選任とセットでの契約となります。

財産管理委任契約

判断能力の低下はないけれど身体が不自由といった場合に,契約内容に限定して暮らしに関連する様々なサポートを代理したり,通帳・貴重品を管理するための契約です。

医療に関する事前の意思表示・同意代行者契約

重篤な病気にかかったり,意思表示ができない状態に陥ったりした場合などに備えた契約です。尊厳死宣言書という書面を作成することもできます。

任意後見契約

認知症等により判断能力が低下した場合に備え,事前に後見人となる人(任意後見人)を定めておく契約です。通常,死後事務委任契約とセットにします。

死後事務委任契約

自分が亡くなった後に,希望に沿って膨大な各種手続きを取り行ってもらうための契約です。任意後見契約とセットにすると迅速な手続きが可能です。

遺言書作成

相続に関する意思を書面にしておきます。任意後見人や死後事務受任者と同一の者を遺言執行人として選定することにより,生涯を通じて自分の意思を貫けます。

死後事務委任契約・任意後見契約・遺言書の関係性(関連性)

二つの円の重なっている部分が重複した事務となります
二つの円の重なっている部分が重複した事務となります

上記のツール=契約を効果的に用いることによって不安や悩みを解決できるかもしれません。各契約についてはそれぞれの項目で説明いたしますのでご覧ください。また、文章では伝えられない、伝えきれないこともありますので、まずはご連絡ください。

終活コンシェルジュ 流れ

電話・FAX・ホームページの問い合わせフォームからご相談ください(無料)。

面談(1回2時間までは5,000円。以降1時間毎に2,500円加算。書類作成契約後の面談は無料)

面談でお互いの信頼関係を築けそうなら,書類作成契約となります。

最初は見守り・身元引受契約・死後事務委任契約・公正証書遺言の書類作成報酬を含む着手金の振り込みをお願いします。振込確認後,各種書類作成を行います。報酬額については別途「報酬額表」でご確認ください。なお,死後事務委任契約や遺言書の法的効力は依頼者の死後に発生します。したがって,死後事務委任契約や遺言執行人としての実務に関する報酬は,全ての実務が終了した後に遺産等から精算しますので,事前にお支払い頂く必要はありません。但し,死後事務には事前に手続きを進めておかなければならないものもある為,その実務報酬は着手金から充当します。

見守り・身元引受契約に基づいて実務を行います。

今後はお互いの信頼関係を深める期間となります。当事務所が信頼に値しないと感じられる場合,またはご依頼者様側に信頼を損なう相当な言動がある場合はいつでも契約解除することができます。さらにこの期間に,任意後見契約について考慮することができます。

依頼者の希望に応じて,関係各所と契約を結び、依頼者が適切なサポートを受けられるよう仲介することも行います。

依頼者の死後から死後事務委任契約と遺言執行人として各種手続きを実施します。

全ての手続きが終了した後,報酬額の精算を行い,遺産の分配をご依頼者様の意思に基づいて行います。

最後に

終活サポートは家族に代わって行うものです。当然,信頼関係は不可欠ですし,親しい間柄にある方を見送ることは単なる仕事と割り切れるものでもありません。だからこそ,依頼者の意思をできる限り理解して物事をゆっくり丁寧に進めたいと考えています。そして,不明点があればきちんと説明し,納得し安心して自分らしい人生の最期を迎えていただけるようサポートできたらと願っています。